The group show “GEN-SCH-AN 玄趣庵”

Exhibition  GEN-SCH-AN / 玄趣庵
Artist
Joseph BeuysJoseph CornellAkikora ISHIGUROHeishiro ISHINO Ichitaka KAMICHIHaruo MITSUTAShohei OTASimon PattersonYoshihiko SATO and Antiquities

Date    March 9 (Fri)- Aplir 8 (Sun), 2018
                 12:00-18:00

Close     Wed. & Thur.
Venue Radi-um von Rögenwerke AG
                  2-5-17 Nihonbashi Bakurocho
                  Chuo-ku Tokio 103-0002 ,Japan

    東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17

     tel./fax.:+81- [0]3-3662-2666  

URLhttp://www.roentgenwerke.com/
mailinfo@roentgenwerke.com

Untitled-4

GEN-SCH-AN / 玄趣庵

~古典と現代をつなぐ

レントゲンヴェルケの元祖、レントゲン藝術研究所の実質のオーナーであった玄趣庵宗雪こと池内克哉の様々なコレクションは、その本筋である侘び茶の世界に止まらない、ユニークな広がりを持っている。

芸術作品は本質的にある種の機能を帯びている。彼の自由度の高い視点は、作品の「機能」の読み替える。この読み替えによって、作品は新たな意味や価値を持つのだ。

新たな意味を与えられたコレクションに対し、現代美術のギャラリーであるレントゲンヴェルケオーナー池内務は何を組み合わせるのか?さらにどのような価値の組み替えが行われるだろうか。池内親子による趣味性の高い、楽しい展示を企む。

このタイトルは池内克哉が茶道遠州流宗家(先代)より頂いた庵号「玄趣庵」からとっているが、「Röntgen」の最終音節から「GEN」、ドイツ語における「~的な」のニュアンスをもつ文字列「SHU」を呼応させている。

出展(予定)作家(姓アルファベット順・敬称略):

ヨゼフ・ボイス、ジョセフ・コーネル、石黒昭、石野平四郎、上地市剛、満田晴穂、太田翔平、サイモン・パタソン、佐藤好彦 及び古美術品

GEN-SCH-AN

 - Connects classics and modern times

Ikeuchi Katsuya (玄趣庵宗雪 – Genshuan Sousetsu) who was the real owner of Roentgen  Kunst Institut(former Roentgenwerke AG) and deals the tea-things , has collected a wide range of artworks with a unique perspective that is not limited to the essence of the tea ceremony world.

Art work has essentially some kind of function. His high flexibility vision make the replacement of the “function” of works. By reading, the work has new meaning and value. 

What do Ikeuchi Tsutomu who is the contemporary art gallery,Roentgenwerke’s owner will combine into these collections given a new meaning ? What value change will be made? Plan a tasteful and pleasing exhibition by parent and child of Ikeuchi.

※ This title is a name based on “玄趣庵ーGenshuan”, and at the same time  it corresponds to “GEN” from the last syllable of “Röntgen” and  “SHU” with the nuance of “like” in German .