満田晴穂個展 JIZAI

レントゲンヴェルケでは、下記の通り展覧会を開催致します。ご高覧いただき、ご高配賜れますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


Roentgenwerke AG is pleased to announce the Shohei Ota solo exhibition. We look forward to your visit to this exhibition.

■Exhibition:Haruo MITSUTA solo exhibition “JIZAI”
■Artist: Haruo MITSUTA ■Date: July 1st (Sat.) – 30th (Sun), 2017 ■Opening Hours: 12:00-18:00

☆Opening Party:July 1st (Sat.) 19:00~

■Radi-um von Rögenwerke AG
http://roentgenwerke.com 2-5-17
Nihonbashi Bakurocho Chuo-ku Tokio 103-0002 Japan
tel./fax.:+81- [0]3-3662-2666

19390744_1624834814217038_5497317525746784618_o

■展覧会名:JIZAI
■出展作家:満田晴穂
■会期:2017年7月1日(土)〜7月30日(日)
※月〜水のご来駕につきましてはメールにてご連絡ください。
close 水・木曜日
■営業時間:12:00-18:00
■会場:ラディウムーレントゲンヴェルケ 東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17 ■tel/fax:03-3662-2666
■URL:http://www.roentgenwerke.com/
■mail:info@roentgenwerke.com

☆☆☆☆オープニング・パーティ☆☆☆☆
2017年7月1日(土)19:00〜
皆様のお越しをお待ちしております。
produced by 「Makoのクリエイティブキッチン」

 

2017年 満田晴穂 JIZAI展に向けて

生き物の命を、命のない金属を素材でよみがえらせる自在置物の作家、満田晴穂の個展を馬喰町ラディウムにて開催いたします。

今年は多くの公立美術館にて、その凄みのある「金属でできた命」を発表する作家が、今回は蛇の骨格、その他20点ほどの作品で個展に挑む。
長い自在置物の歴史に類品を見ない骨の自在置物。全長が1mを超える、満田の作品では最大かつ最多部品数の「自在蛇骨格」が今展の中心となる。

”本物らしさ”の追求を超えて、命とは何かというテーマを背景に制作を続ける満田の進化を、ぜひごらんください。

 

Haruo MITSUTA revivifies the life of the creature by metal without the life.

That is called “JIZAI ornament” ,because of reproducing the movement.(JIZAI means “the free”. this is a folkcraft continuing from the Edo era.

He participates in the exhibition of many art museums, and in each art museum, his works have been highly regarded.

At the exhibition in the gallery, we announce 20 new works other than the skeleton of the snake.

He produces it backed by a theme called something with the life with more than of pursuit of quality of “genuine article”.

If you are interested, please do have a look.