坪山斉個展の開催/Hitoshi TSUBOYAMA solo exhibition “symbolic”

この度、馬喰町ラディウムにおいて、下記の通り展覧会を開催致します。ご高覧いただき、ご高配賜れますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


Roentgenwerke AG is pleased to announce the Hitoshi TSUBOYAMA solo exhibition. We look forward to your visit to this exhibition.


■Exhibition:Hitoshi TSUBOYAMA solo exhibition “symbolic”
■Artist: Hitoshi TSUBOYAMA
■Date: Sept. 22 (Fri.) – Oct. 15 (Sun), 2017
■Opening Hours: 12:00-18:00
☆Opening Party:Sept, 22 (Fri.) 19:00~
■Close: Wed. & Thur.
■Radi-um von Rögenwerke AG
http://roentgenwerke.com
2-5-17 Nihonbashi Bakurocho
Chuo-ku Tokio 103-0002 Japan
tel./fax.:+81- [0]3-3662-2666

■展覧会名:symbolic
■出展作家:坪山斉
■会期:2017年9月22日(金)~10月15日(日)
close 水・木曜日
■営業時間:12:00-18:00
■会場:ラディウムーレントゲンヴェルケ
東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17
■tel/fax:03-3662-2666
■URL:http://www.roentgenwerke.com/
■mail:info@roentgenwerke.com

☆☆☆☆オープニング・パーティ☆☆☆☆
2017年9月22日(金)19:00~
皆様のお越しをお待ちしております。
produced by 「Makoのクリエイティブキッチン」

21741697_10214252515685229_1909038100_n

坪山斉 Hitoshi TSUBOYAMA The One/ Iris #5 2017 acrylic on canvas 162x162cm

 

展覧会にむけて

坪山斉は、モティーフの解像度を下げ、絶妙な色彩感覚でそれを記号的に表現してきた。「The one」は、人の目の虹彩をモティーフに展開してきたシリーズだが、今回の展覧会では、それとは一見わからないところまで解像度を下げ、より大胆に色彩への記号化を図るものである。

人はこの作品を見たときに、何が描かれているか、一瞬戸惑うだろう。しかし、”それ”が何かわかったときに、ばらばらだったモティーフは形作られ、ようやく着地点を得るのだ。

極限まで抽象化することで、本当のリアリティを追求する今回の試みをぜひ、間近にご覧いただければ幸いである。

レントゲンヴェルケ代表
池内務

 

「symbolic」
歴史上、絵画の原初的欲求は正確に写し取るといったリアリズムにあった。鑑賞者は、絵画から一方的に与えられた情報の中で、そこにリアルな空間を見るよう訓練させられてきたともいえる。

今回、目の虹彩を描いた「The one」シリーズをさらに簡略化、抽象化し、解像度を極限まで下げる試みをした。モティーフのもつ情報や特徴を、記号的な色彩や形態へと変換する。その結果、鑑賞者は脳内で情報を補完することを余儀なくされる。
この記号化(symbolic)への試みによって、絵画はいよいよ鑑賞者と双方向性の関係をもつことができるようになるのではないか。むしろ、そのことで対象から強く放たれる本来の個性や存在感がリアリティをもって知覚されるようになるのではないか。
“絵画の新しい機能を構築する”その目論見をもって、この展覧会を「symbolic」と名付けた。

坪山斉


Toward Hitoshi TSUBOYAMA solo exhibition “symbolic”
Works drawn by Masayoshi Tsuboyama, motifs are symbolized with low resolution, exquisite color sensation.
In the series “The one”, Tsuboyama has painted the iris of the human eye. In this exhibition, he will lower the resolution to a level that is unknown to it and try to symbolize it to color.

When you see this work, you will be confused for a moment as to what is drawn.But when you know something about it, the disassociated motifs are shaped in your head and you finally get a landing point.

We would be pleased if you could see Tsuboyama’s attempt to approach reality by abstracting to the limit.

Roentgenwerke C.E.O
Tsutomu IKEUCHI


「symbolic」
In the history, the realism that copying accurately is a primitive desire of painting.
It can be said that viewers have been trained to see the real space there among the information unilaterally given from paintings.

This time, I tried to further simplify and abstract “The one” series, to lower the resolution to the limit.
I have transformed information on motifs into symbolic colors and forms more than ever.

As a result, the viewer is obliged to complement the information in the brain.
Attempts at this symbolization will allow paintings to have an interactive relationship with viewers.

By attempting to symbolize, the paintings will become able to have interactive relationship with the viewer. I think that the presence strongly emitted from the object will be perceived with reality.

I will try to “create a new function of painting” at this exhibition.

I will try to “create a new function of painting” at this exhibition.