佐藤好彦/Yoshihiko SATOH “432001″

この度、馬喰町ラディウムにおいて、下記の通り展覧会を開催致します。ご高覧いただき、ご高配賜れますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

Roentgenwerke AG is pleased to announce the exhibition. We look forward to your visit to this exhibition.

 

■展覧会名 : 432001
■出展作家:佐藤好彦
■会期:2018年10月12日(金)~ 11月4日(日)
■休廊日:水・木曜日
■営業時間:12:00-18:00
■会場:ラディウムーレントゲンヴェルケ
 東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17
■tel/fax:03-3662-2666
■URL:http://www.roentgenwerke.com/
■mail:info@roentgenwerke.com

 ☆初日、10月12日(金)18時から20時まで、
お飲み物を御用意して皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

■Exhibition: “432001″
■Artist: Yoshihiko SATOH
■Date: Oct.12 (Fri.) – Nov. 4 (Sun.), 2018
■Opening Hours: 12:00-18:00

☆☆☆☆Opening Party☆☆☆☆
Oct.12 (Fri.) 18:00~20:00

■Close: Wed. & Thu.
■Radi-um von Rögenwerke AG
http://roentgenwerke.com

2-5-17 Nihonbashi Bakurocho
Chuo-ku Tokio 103-0002 Japan
tel./fax.:+81- [0]3-3662-2666

 

 

2006年に六本木ヴァイスフェルトーレントゲンヴェルケにて開催された佐藤好彦の個展「1:4:9」。そこに展示されたのはSF映画の不朽の名作「2001年宇宙の旅」に登場する重要なファクター「モノリス」と同じ比率で作られたブルーのバッフルボードを持つ巨大なスピーカー様の作品「Model432001」ただ一点であった。ソリッドな形態でありながら、常に自分史との呼応性をもつ(が故に独特の温かみを持つ)佐藤の作品の中で、亡父との思い出を含有するこの作品は、のちに上海や青山スパイラルで展示された折にもその威容は観客を圧倒することになる。今年2018年はその原点となる映画が公開されてから半世紀の年にあたり、オリジナルの70mmフィルム版の上映がなされるなど、様々に話題となっている。この機会にレントゲンヴェルケは再びにこの佐藤の作品を公開する。

 Yoshihiko Sato’s solo exhibition “1: 4: 9″ held in Roppongi Weissfeld of Röntgenwerke in 2006. Exhibited there is a huge speaker-like work with a blue baffle board made with the same ratio as the important factor “monolith” that appears in immortal masterpiece of SF movie “Journey of the Space 2001″ Model 432001 It was only one point. While it is a solid form, his work that always contains memories with his own among Sato’s works (which has a unique warmth because of its own warmth), In Shanghai and Aoyama Spiral later Even the exhibition will overwhelm the audience with its prospects. This year, 2018 is the year of half a century since the movie that became its origin was released, and the original 70 – mm film version was screened and it became various topics. On this occasion,Röntgenwerrke will reveal this Sato ‘s work again.