「敷衍~巧術其之玖 (ふえん~こうじゅつそのきゅう)」開催いたします

2018年7月大阪にて「敷衍~巧術其之玖」を開催いたします。

アート大阪と同時期の開催になりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。何卒ご高覧のほどよろしくお願いいたします。

4c

「敷衍~巧術其之玖 (ふえん~こうじゅつそのきゅう)」


■Exhibition: KOH-JUTSU CAHPTER IX `FU-EN’
■Date: 7 (Sat.) – 14 (Sat.) July 2018
■Opening Hours:12:00 – 19:00
Opening Party 7/7/2018 20:00-
■Venue: TEZUKAYAMA GALLERY Viewing Room
Yamazaki Bldg. 2F,1-19-27 Minami-Horie,Nishi-ku,Osaka,
550-0015 JAPAN

■Produced by KOH-JUTSU Project Organization
Co-operated with TEZUKAYAMA GALLERY, ex-chamber museum, Gallery Kogure, Röntgenwerke AG
■Artist: Seiji ARUGA, Akira ISHIGURO, Ken-ichiro ISHIGURO, Heishiro ISHINO, Wataru ITO, Hiroko UEHARA, Toru KAMEI, Yoshihiko SATOH, HARUKA, Takahiro HIRABAYASHI, Ryo MATSUMOTO, Ai MAKITA, Shigeyuki MIZUNO, Aiko MORIMOTO, Haruo MITSUTA,Takato YAMAMOTO, Takahiro YAMAMOTO


■日時:2018/7/7/土-14/土 会期中無休 12:00-19:00
オープニングパーティ:7/7/土/20:00-
■会場:TEZUKAYAMA GALLERY VIEWING ROOM
   〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1丁目19-27山崎ビル2F
   06-6534-3993

■主催:巧術計畫機構
■協力:TEZUKAYAMA GALLERY
   Gallery小暮
   ex-chamber museum
   株式会社レントゲンヴェルケ
■出展作家:あるがせいじ/ 石黒昭/ 石黒賢一郎/石野平四郎/ 伊藤航/ 上原浩子/ 亀井徹/
     佐藤好彦/ 悠/ 平林貴宏/ 牧田愛/松本涼/ 水野シゲユキ/ 満田晴穂/森本愛子/
     山本タカト/ 山本隆博
■キュレーター:池内務
■問い合わせ:03-3662-2666
      info@roentgenwerkeag.com

日本美術の閉塞感に対する回答として、2010年にスタートした「巧術」シリーズ展。これまで東京、金沢、台北など、スピンオフ展を含めた14回を開催してきました。会場となったのは、ギャラリー以外にアートセンター、アートフェア、デパートとさまざま。いずれもテーマを一貫したコンセプト「人の手による表現の可能性」を追求してまいりました。美術、工芸、またフィギュア、模型といったジャンルの垣根を超えたこれら作品が、多くの人と驚きや感動を与えてくれたことは、私たちにとっても大きな喜びとなっています。

今夏、「敷衍」(物事を押し広げる、の意)のタイトルを冠に、「巧術」シリーズ展はいよいよ大阪での開催にこぎつけます。会場をご提供頂いたTEZUKAYAMA GALLERYの作家、上原浩子ほか、総勢17名による競演、どうぞご期待ください。

As an answer to the feeling of blockage of Japanese art, “巧術 KOH-JUTSU” series exhibition started in 2010. We have held 14 times including spin-off exhibitions such as Tokyo, Kanazawa and Taipei. The venues were galleries, art centers, art fairs and department stores and so on. Both have pursued a consistent concept of the theme “possibility of human expression by hand”. It was a great pleasure for us that these works beyond genres such as arts, crafts, figures and models gave surprises and impression to many people.

This summer, with the title of “敷衍 FU-EN” (meaning to spread things), the “巧術 KOH-JUTSU” series exhibition will finally be held in Osaka. Please expect a competition by 17 artists including TEZUKAYAMA GALLERY’s Hiroko Uehara.

 

「敷衍~巧術其之玖 (ふえん~こうじゅつそのきゅう)」
KOH-JUTSU CAHPTER IX `FU-EN’

デュシャンによって美術と技術が引き離されて百余年、9歳になる「巧術」はその生みの言葉「人の手技に限界はないんですよ」(諏訪敦)の証明に成功し続けている。加えて一方人間の思考にも限界は無かろう(ホーキング教授が亡くなったから相当な減速はあるかもしれないが)。作家達は個人の単位でそれらをやってのけ、それは展覧会のたびに明らかになる。

今回のサブタイトル「敷衍」は、冒頭の通り何かをおし広げるという意味だ。
写実絵画や工芸作品において、技術称賛が定着してきた感もあるが、技術が作品のコンセプトを語るという可能性までは未だ行き着いていないのではないだろうか? 思うにそれこそが日本の現代美術の未来を決定付けると信じているのであるが、実はまだスタート姿勢から駆け出す間ぐらいなのではないだろうか? こうした疑問を持ち続けることが、すなわち「巧術」を続ける意義なのだと感じている。

————————————————————————————————————————————————————————
ふ‐えん【敷×衍/布×衍/敷延】
[名](スル)《「衍」はのべる意》
1 おし広げること。
「それを種にして、空想で―した愚痴」〈宇野浩二・蔵の中〉
2 意味・趣旨をおし広げて説明すること。例などをあげて、くわしく説明すること。「教育問題を社会全般に―して論じる」
提供元:「デジタル大辞泉」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

One hundred years passed since art and technology were separated by Duchamp. “巧術 KOH-JUTSU” that will be 9 years old this year has continued to prove that the words that triggered the birth of the exhibition “There are no limits to human’s manipulation”(Suwa Atsushi). In addition, there is no limit to human thought (although it may be a considerable slowdown since Professor Hawking passed away). The artists do them on an individual basis, which will become apparent each time the exhibition.

The subtitle “敷衍 FU-EN” this time means extending something.
In realistic paintings and craft works, although praise for skillful techniques has become firmly established, it seems that the possibility of the skills talking about the concept of the work still has not arrived? I truly believe that it will decide the future of Japanese contemporary art, but is not it actually a place to get off the starting point yet? However, having these doubts, I feel it is the significance of continuing “巧術 KOH-JUTSU”.


 池内務 [株式会社レントゲンヴェルケ]
Tsutomu IKEUCHI [Röntgenwerke AG]