アートは、日常生活の至るところに溢れており、また、意外な場所にも存在します。時には、オフィスビルに入った途端、素晴らしい芸術作品が目に飛び込むこともあるでしょう。

近年、あらゆる種類のアートが急激に増えており、公共の場やエンターテインメントの会場を飾っているのが日常的に見られます。

例えば、カジノの店舗を見てください。自宅に居ながらにして、Intertops Casino(インタートップス・カジノ)で遊び、デポジット無しでもらえるボーナスを楽しんでいるプレイヤーももちろんいます。とはいえ、多くのプレイヤーが従来通りのギャンブル場に出かけて、ギャンブルをすることを好みます。

オンラインカジノは、実店舗のカジノでは滅多にお目にかからないようなゲームやボーナスをたくさん提供しています。それでも、実店舗のカジノは何か特別な魅力をもっています。それは一体何でしょうか?多くの人たちは、口を揃えて「アート」だと答えます。

オンラインギャンブルは利用しやすく、実店舗のカジノ以上にお金が稼げることもあります。一方、実店舗のカジノでは、その場の興奮や予想外の雰囲気を肌で感じることができ、オンラインカジノでは見られない格式や洗練さといったものが漂っています。

カジノ会場に足を踏み入れた瞬間に感じる特別な感覚は、会場の内装デザイン、壁や空間を埋めている芸術作品からもたらされるものです。それゆえ、アートとギャンブルは、非常に密接に関係しているのです。

カジノで目にするアートの種類

カジノがアートを利用する方法としては、二つの種類があります。一つは、モダンアートを中心に、内装デザインを構築する場合です。もう一つは、年代物の作品を並べて、見事な芸術作品のギャラリーを展開する場合です。

当然かもしれませんが、多くのギャンブル場は、裕福なアート収集家がオーナーです。彼らは、自らの所蔵作品を顧客や芸術愛好家たちにお披露目しようとすることがよくあります。カジノ全体の雰囲気作りに、アートを利用しようとする場合もあります。その場合、カジノのゲストたちは、カジノの建物の中にいるだけで、気づかないうちにアートの美しさをすべて目にすることができます。

つまり、同じアーティストの作品が、どの部屋にも飾られると、部屋全体がそのアートの影響を受け、カジノ内はそれぞれの場所ごとに異なる雰囲気を醸し出します。

カジノによっては、プレイヤーがアート作品をもっとゆっくり鑑賞できるように、カジノ自体とアートを切り離す場合もあります。一部のカジノでは、店内にアートギャラリーを設け、より本格的に作品を展示し、定期的に作品を入れ替えるところもあります。例えば、ラスベガスのベラージオ・ホテル&カジノでは、ラスベガス一帯で最大のアートギャラリーを所有し、ギャンブラーとアート愛好家の両方を惹きつけています。

駆け引きの基本

ゲームテーブルの見せかけを偽ることによって、敵をあざむき、混乱させることも可能です。残念ながら、この技は誰かに教わるものではありません。自分の本性をうまく隠す方法を学ぶには、まず自己認識のスキルを高めます。その後、本性を隠す基礎的なトリックを臨機応変に応用する必要があります。しかし、プレイヤーが下手な嘘つきと大うそつき者とを見分け、駆け引きをする際に参考にできるポイントがあります。以下では、その基本的なポイント3つをご紹介します。

多くのギャンブラーたちは、その目に不思議な力を持っています。プレイヤーによって異なりますが、例えば、嘘をつく時にある一方向を見つめ、本当のことを言う時には、別の方向を見つめる人もいます。プレイヤーの動きのパターンは様々ですが、凄腕のプレイヤーたちは、目の動きを読み取ることによって、彼らの胸中の複雑な真実を推測し、彼らの動きを予測することができるのです。

笑顔

笑顔には、二つの種類があります。一つは本物、もう一つは偽物です。偽の笑顔は、口の筋肉だけで作られ、本物の喜びや嬉しさを、ほとんど又は全く表しません。本物の笑顔は、目尻の筋肉で作られ、目尻にしわが寄ります。この笑顔こそが、本物の喜びを表します。

ハンド

自分のハンド(手持ちのカード)に常に注目してください。ひっきりなしに入れ替わるハンドは、その人が退屈していることを意味します。退屈していても、賭けに勝つなら良いです。退屈している上、賭けに負ければ、泣き面に蜂です。しかし、どうしてこの事が、嘘つきプレイヤーだということに関係するのでしょうか?ここで重要なポイントは、彼らが虚勢を張ってひと芝居打つ時には、どのように落ち着きなくソワソワしているかに注目することです。自慢している割には、ソワソワしているようなら、嘘をついているのです。しかし、すべてのカードを揃えることに集中したいという方には、他者のハンドを特定できる方法が一つあります。少し賭け事から離れますが、例えば、ほぼ全員のプレイヤーがバイオリンを弾いているとします。このような場合、ずば抜けてうまいバイオリニスト、特に、他の奏者を邪魔しているような人に注目することが肝心です。彼らは本当に退屈しているか、騙しているかのどちらかです。

ギャンブルゲームの会場にて、数々の見事な芸術作品があることについて、疑問を感じる人は多いです。カジノにアートを展示することで、一体何が変わったのでしょうか?なぜカジノのオーナーは、これほどまでにアートの展示に注力したのでしょうか?

絢爛豪華な芸術作品の展示の背景には、大衆の注目を集めて、さらにゲストを増やすという目的があるのだと述べる人もいます。結局のところ、ギャンブル場はお金を稼ぐ場所であり、もっと多くの人々がカジノリゾートへやってくるように、別の方法で動機付けをするわけです。

一方で、アート作品の展示に携わることで、カジノのイメージの向上を図ろうとしているのだと考えている人たちもいます。

しかし、よく考えてみると、アートがカジノにおいてそれほど重要な要素となった理由自体は、大したことではありません。ここで重要なのは、世界中のギャンブル会場で最高傑作の芸術作品を楽しむことができるという事実です。ですから、多くの人々は慌ただしい生活から逃れ、何時間もかけてカジノへと足を運ぶのです。

まとめ

近年、多くの実店舗のカジノでは、アート作品の鑑賞も楽しめるようになっており、プレイヤーやゲストたちに忘れ難い経験を提供しています。今では、アート愛好家たちは混雑したギャラリーを訪れる必要はありません。もっと華やかで、さらにはゲームも楽しめるカジノという選択肢があるのです。

Author

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *